【麦わらのルフィ】懸賞金5億までの手配金額まとめ

ONE PIECE 麦わらの一味 海賊旗 straw hat pirates jolly roger

※この記事には一部ネタバレが含まれます。

スポンサーリンク
ad001

モンキー・D・ルフィの懸賞金の推移

ドレスローザで七武海の一人”天夜叉„ドンキホーテ・ドフラミンゴを討ち取ったルフィの懸賞金は5億ベリーに跳ね上がった。ここでルフィのこれまでの懸賞金の推移について、今一度情報の整理を行いたいと思う。

ルフィが倒した主な賞金首や海兵を挙げて、懸賞金の推移を見ていこう。

懸賞金3000万ベリーへ

東の海(イーストブルー)、フーシャ村を旅立ったルフィは、懸賞金2000万ベリーのアーロンを筆頭に複数の海賊や海兵を倒し3000万ベリーの賞金首になった。

金額の確定回と主な対戦相手を以下に記す。

懸賞金の金額が確定した回(話)

  • 第96話 “東一番の悪„

海軍本部少佐ブランニューがルフィの手配書と共に金額の発表をした。

懸賞金アベレージ300万ベリーの東の海(イーストブルー)でルフィは1000万を超える大物海賊団を複数粉砕したため、初頭手配から世界的にも異例な3000万ベリーという額で指名手配された。

主な対戦相手

  • 金棒のアルビダ (500万ベリー)
  • 斧手のモーガン (海軍第153支部大佐)
  • 道化のバギー (1500万ベリー)
  • 百計のクロ (1600万ベリー)
  • 首領・クリーク (1700万ベリー)
  • ノコギリのアーロン (2000万ベリー)

懸賞金1億ベリーへ

偉大なる航路(グランドライン)に入ったルフィは、七武海”サー・クロコダイル„などを倒し1億ベリーの賞金首になった。

金額の確定回と主な対戦相手を以下に記す。

懸賞金の金額が確定した回(話)

  • 第232話 “一億の男„

ジャヤ、モックタウン、夜明け前の船着場で立ち小便していた酔っ払いの前にニュース・クーが手配書の束を落とす。

この手配書の中にルフィの1億ベリーの手配書があった。

主な対戦相手

  • ブリキのワポル (ドラム王国元国王)
  • 七武海”サー・クロコダイル„ (元8100万ベリー)

懸賞金3億ベリーへ

ジャヤからスカイピアの冒険へ向かったルフィは、エネルを倒した後、ウォーターセブンへ行く事になる。ウォーターセブン編では政府に連れ去られたロビンを取り返すため、世界政府直属の裁判所がある”司法の島„エニエス・ロビーを陥落させる。

この事件の後、ルフィの懸賞金は3億ベリーへと跳ね上がった。

金額の確定回と主な対戦相手、出来事を以下に記す。

懸賞金の金額が確定した回(話)

  • 第435話 “心中お察しする„

エニエス・ロビーを落としウォーターセブンで新しい船の完成を待つルフィ達。フランキー一家が新しい船の完成と共に麦わらの一味全員が賞金首になった事を伝えに来る。

主な対戦相手と出来事

  • ハイエナのベラミー (5500万ベリー)
  • “ゴッド„エネル (懸賞金なし)
  • 銀ギツネのフォクシー (2400万ベリー)
  • クザン 大将”青キジ„ (敗北)
  • ブルーノ (CP9)
  • ロブ・ルッチ (CP9)
  • エニエス・ロビー陥落

懸賞金4億ベリーへ

新しい船サウザンド・サニー号を手に入れた麦わらの一味は新世界へ向かうため、その玄関口であるシャボンディ諸島へ向かう。

途中、スリラーバークで七武海”ゲッコー・モリア„を倒したルフィ達は満身創痍でシャボンディ諸島に到着する。ここで不運にも海軍大将”黄猿„や七武海”バーソロミュー・くま„らに遭遇し、麦わらの一味は完全崩壊を喫した。

仲間と離れ離れになったルフィであったが、兄であるエースが捕まり公開処刑になる事を知り、大監獄インペルダウンに向かう。しかし、時すでに遅く、エースは処刑が行われるマリンフォード海軍本部へ連れ去られてしまう。さらにエースを追いマリンフォードへ向かったルフィだったが、あと一歩のところでエースを救う事はできず、自身もまた海軍大将”赤犬„に大怪我を負わされてしまう。

命からがら頂上決戦の場を逃れたルフィは、海賊王の右腕”冥王シルバーズ・レイリー„の助言により2年間の修行を積む事を決め、2年後にシャボンディ諸島から再出発する事を誓った。

インペルダウンに侵入、脱走し、マリンフォード頂上決戦に参加したルフィの懸賞金は、この2年の間に4億ベリーへ跳ね上がった。

金額の確定回と主な対戦相手、出来事を以下に記す。

懸賞金の金額が確定した回(話)

  • 第601話 “ROMANCE DAWN for the new world„ー新しい世界への冒険の夜明けー

麦わらの一味崩壊から2年後、第599話で偽ルフィ(デマロ・ブラック)がルフィが4億の賞金首であると発言するが、確定したのは第601話である。戦桃丸が本物のルフィを捕らえるためパシフィスタと共にシャボンディ諸島に現れる。ここでPX-5のレーダーに4億と表示された後、4億の手配書が描かれ金額が確定した。

主な対戦相手と出来事

  • ゲッコー・モリア (元3億2000万ベリー)
  • パシフィスタ
  • ボルサリーノ 大将”黄猿„ (敗走)
  • インペルダウン侵入~囚人の解放~脱走
  • マリンフォード頂上決戦への参加
  • サカズキ 大将”赤犬„ (敗北)
  • マリンフォードでの”水葬の礼„
  • マリンフォードでの”オックス・ベル16点鐘„
  • マリンフォードでの”黙祷„

懸賞金5億ベリーへ

2年後、シャボンディ諸島から再出発を果たしたルフィは、魚人島でホーディ・ジョーンズに勝利し新世界へと入る。

パンクハザードで七武海になったトラファルガー・ローと海賊同盟を結び、元政府の科学者であるマスター・シーザー・クラウンを誘拐したルフィ達は、シーザーの引き渡しとSMILE工場を破壊する目的のためドレスローザへと向かう。

ドレスローザで七武海”ドンキホーテ・ドフラミンゴ„を打ち取ったルフィの懸賞金は5億ベリーへと跳ね上がった。

金額の確定回と主な対戦相手、出来事を以下に記す。

懸賞金の金額が確定した回(話)

  • 第801話 “開幕宣言„

闇のブローカー”ジョーカー„ことドフラミンゴを打ち取った事で、ドフラミンゴとの取引ができなくなった者達の恨みを買ったルフィ。この者達の口からルフィの懸賞金が5億ベリーになった事が明かされたのは第800話だった。

第801話では麦わらの一味全員の懸賞金が増額になった事が明らかになり、新たな手配書と金額が確定した。

主な対戦相手と出来事

  • ホーディ・ジョーンズ (懸賞金不明)
  • M・シーザー・クラウン (元3億ベリー)
  • トラファルガー・ローと海賊同盟を設計
  • ルーシーとしてコリーダコロシアム参戦
  • ハイエナのベラミー (1億9500万ベリー)
  • 七武海”天夜叉„ドンキホーテ・ドフラミンゴ (元3億4000万ベリー)
  • イッショウ 大将”藤虎„ (引分)

以上でルフィの5億ベリーまでの懸賞金まとめは終了。

ルフィの次の懸賞金増額のタイミングは第800話の最後に語られた「歴史に名を残す一大事件」の後のことになるのだろうか。

関連記事

1ミリでも『いいね!』と思ったら
ブログランキング投票にご協力お願いします!
↓↓↓クリックするだけで投票されます

にほんブログ村 漫画ブログへ

SNSシェアボタンからFacebookやTwitterでの共有もお願いします!

⇒⇒⇒海賊王の夢の果てトップページへ