【ミンク族】侠客団と戦獣民族

ONE PIECE latest number prospects blog

※この記事には一部ネタバレが含まれます

ONE PIECE 第805話でミンク族には少なくとも2つの組織がある事が判明した。侠客団(ガーディアンズ)戦獣民族だ。ミンク族に関する情報はまだまだ少ないが、この2つの組織について今分かっている事を綴る。

スポンサーリンク
ad001

侠客団(ガーディアンズ)

第805話にてゾウ編のキーワードの1つであろう侠客団(ガーディアンズ)が登場した。その名前から何かを守る守護者的存在である様だ。

侠客団(ガーディアンズ)について

侠客(きょうかく)とは仁義を重んじる任侠の志を持つ者。

尾田っちは前々から任侠モノのファンであると公言していたが、ミンク族にこの任侠のテーマを充てた組織を描いていく様だ。侠客と言うからには仁義を持った絆の強いキャラクター達が多数登場する事が予想できる。

侠客団(ガーディアンズ)のキャラクター

今判明している侠客団のキャラクターは次の4人+αだ。

  • ロディ(牛のミンク族)
  • BB(ブラックバック)(ゴリラのミンク族)
  • ベポ(ガーディアンズ手伝い)
  • ペドロ(くじらの森侠客団リーダー?)
  • その他森に隠れていた複数

侠客団(ガーディアンズ)は複数ある?

ロディとBBの紹介文には『くじらの森 侠客団(ガーディアンズ)』と書かれていた。『くじらの森』と書かれている。

これはくじらの森以外にも、モコモ公国の各エリアに専属の侠客団が存在しているという事を暗に意味しているのではないだろうか。

右尻(ウシリー)の森や右腹(ウバラ)の森にも、各エリアを守る侠客団がいるのだろうか?

ペドロはくじらの森侠客団のリーダー?

ルフィに襲いかかった牛のミンク族ロディとジャンバールを投げ飛ばしたゴリラのミンク族BB。そして、この2人のミンク族に撤退を命じた牙のあるネコ科の動物っぽい人物。ワンダはこの人物をペドロと呼んだ。

ペドロが「全員退け!!!」と言うと、ルフィの周囲に隠れていた者達がザザザザと音を立てて撤収する。この時ルフィの周りには複数人の侠客団がいた様だ。

ロディやBB、隠れていた複数のミンク族に撤退を命じたという事は、このペドロがくじらの森侠客団(ガーディアンズ)のリーダーである可能性が高い。

戦獣民族

第804話でウソップ達の前に姿を現した犬とうさぎのミンク族。この2人は第805話で戦獣民族と紹介された。

戦獣民族のキャラクター

今判明している戦獣民族のキャラクターは次の2名だ。

  • ワンダ(犬のミンク族)
  • キャロット(うさぎのミンク族)

戦獣民族とは?

戦獣民族。読んで字の如く戦う獣の民族。戦う犬のワンダやうさぎのキャロットのイメージそのままのキーワードだ。しかし、センジュウミンゾクとパソコンに入力してまず変換候補に上がってくるのは先住民族の方だろう。

知っての通り、先住民族とは元々その土地に住んでいた民族の事だ(原住民とも)。こっちの世界で言えばアメリカの原住民であるインディアン(ネイティブアメリカン)やオーストラリアの原住民であるアボリジニが有名だ。

これら実在の原住民はいずれも侵略者によって迫害を受けた歴史を持つ。

原住民と侵略者

第805話で戦獣民族(先住民族)というキーワードが出てきたという事は、モコモ公国の記事

(クリックで別ページを開く)で書いた通り、ゾウ編での重要なテーマの一つとして、原住民と侵略者の構図が描かれる事はまず間違いないだろう。

原住民侵略者

原住民はモコモ公国のミンク族、そして侵略者は半月前にモコモ公国を滅ぼしたジャックという名の人物。ジャックは藤虎やセンゴクの乗った海軍の軍艦を狙っていた人物だ。シープスヘッドもジャックと同じドクロマークを付けていた事からジャックの仲間である事は間違いないだろう。

まとめ

今回明らかになったミンク族の組織である侠客団(ガーディアンズ)戦獣民族。どちらの組織もまだまだこれから新しい人物が登場してくるだろう。そしてこの2つの組織は元々モコモ公国に住む原住民である様だ。

ゾウ編では原住民(ミンク族)と侵略者(ジャック達)の対立する構図が予想できる。

ジャックについては謎が多いが、そのドクロマークからカイドウと繋がりのある人物である事が考えられる。

まだまだ始まったばかりのゾウ編だが、ゾウ編の重要なテーマの一つとして原住民と侵略者の構図が見えてきた。このテーマからゾウ編では悲哀に満ちたストーリーが予想される。

そしてサンジ達の安否も気になる!どうなるゾウ編!

1ミリでも『いいね!』と思ったら
ブログランキング投票にご協力お願いします!
↓↓↓クリックするだけで投票されます

にほんブログ村 漫画ブログへ

SNSシェアボタンからFacebookやTwitterでの共有もお願いします!

⇒⇒⇒ブログトップページへ

⇒⇒⇒海賊王の夢の果てトップページへ

スポンサーリンク
ad001
ad001

フォローする