【820話】ワンピース ネタバレ速報【あらすじ】16号2016

ONE PIECE latest number blog

※この記事には一部ネタバレが含まれます。

★この記事では「あらすじ」のみ記載します

スポンサーリンク
ad001

ONE PIECE (ワンピース) 第820話 あらすじ

ゾウ:くじらの木

  • ルフィの麦わら帽子を見てシャンクスの話をする犬と猫
  • 犬と猫もおでん様と同様にロジャーの船に乗っていたと言う
  • 元々おでん様、犬猫は白ひげの船に乗っていた
  • その後おでん様はロジャーにスカウトされた
  • しかし犬猫はラフテルには行っていない
  • 昔を思い出し肩を組んではしゃぐ犬と猫
  • 錦えもん達はワノ国に居たが白ひげ、ロジャーと面識はある
  • 鎖国国家のワノ国では海外へ出る事が罪
  • おでん様はそんな自国の法に疑問を持った異端児だった
  • ナミが航路について話を切り出す
    • 今ログを辿って航海してないけどいいの?
    • トラ男のビブルカードで偶然ゾウに来て
    • 偶然ロードポーネグリフの情報に辿り着いた
    • クロッカスの話ではログを辿れば最後に航路が一本になる
  • イヌアラシが答える
    • 複数のログポースが一つの場所を示す航路はある
    • ゆガラ達はすでにその先の冒険を始めている
    • 本来ログの終着点でポーネグリフと古代文字の謎に気づく
    • それを生み出した文明
    • えぬ最後の島ラフテルの存在
    • ロジャーはそこから大きく冒険をやり直した
    • 大丈夫道は間違えてはいない
    • このまま進め!!!
  • イヌアラシの話を聞いて安心するナミ
  • 錦えもんがカイドウと戦うにあたり準備が必要と話す
  • ワノ国でも共に戦う侍達を募っている
  • ネコマムシは不死鳥マルコを探したいと言う
  • 話は1年前の事件の話に…
    • 1年前、マルコ率いる白ひげ海賊団の残党と
    • 黒ひげ海賊団の大激突があった
    • 世に言う”落とし前戦争„
    • 戦争の結果、マルコ達は惨敗した…
    • 黒ひげが四皇に名を連ねたのはこの戦いの後から
  • マルコが生きているのなら行方に心当たりがあると言う猫
  • それぞれの目的のため一度別れて集まる場所を決める事に
  • 『錦えもん達はワノ国で同志を増やし作成を練る』
  • 『ネコマムシはマルコを探す』
  • 『ルフィ達はサンジを連れ戻す』
  • その時突如ゾウ全体が揺れる…
  • 象主(ズニーシャ)が鳴いている
  • ルフィには誰かの声が聞こえた様だ…

第820話のあらすじは以上。

第820話の謎、伏線、キーワード

  • 麦わら帽子
  • イヌアラシとネコマムシもロジャーの船にいた事がある
  • おでん犬猫は元々白ひげの船に乗っていた
  • おでんは白ひげの船にいた時ロジャーにスカウトされた
  • ワノ国は鎖国国家
  • ワノ国では海外へ出る事が罪
  • 本来ログの終着点でポーネグリフと古代文字の謎に気づく
  • 古代文字を生み出した文明
  • 見えぬ最後の島ラフテル
  • 1年前に”落とし前戦争„があった
  • 落とし前戦争でマルコ達は黒ひげ海賊団に敗北
  • 落とし前戦争の後、黒ひげは四皇になった
  • 錦えもん達はワノ国で同志を集め作戦を練る
  • ネコマムシはマルコを探す
  • ルフィ達はサンジを連れ戻す

第820話データベース

タイトル

  • タイトル:”犬と猫に歴史あり„
  • タイトル(よみがな):”いぬとねこにれきしあり„

扉絵

短期集中表紙連載第二十二弾

世界の甲板から 5億の男編 Vol.13「トリノ王国」

ページ数

  • 16ページ

主な登場人物

  • ネコマムシ
  • モンキー・D・ルフィ
  • イヌアラシ
  • フランキー
  • ウソップ
  • ブルック
  • ナミ
  • ニコ・ロビン
  • ロロノア・ゾロ
  • トニートニー・チョッパー
  • 錦えもん
  • カン十郎
  • モモの助
  • トラファルガー・ロー
  • クロッカス
  • 雷ぞう
  • マルコ
  • マーシャル・D・ティーチ(黒ひげ)
  • BB
  • シシリアン
  • ベポ
  • ワンダ

登場必殺技

  • 忍法”大好きの術„

以上、第821話へ続く。

↓クリックでブログランキングへの投票をお願いします

にほんブログ村 漫画ブログへ

SNSシェアボタンからFacebookやTwitterでの共有もお願いします!

⇒⇒⇒ブログトップページへ

⇒⇒⇒海賊王の夢の果てトップページへ