【797話】ワンピース考察速報☠ネタバレ麦速☠39号2015

ONE PIECE 第797話 レベッカ、キュロスの想い!ルフィの用事とは!?

※この記事には一部ネタバレが含まれます。自己責任での閲覧をお願いします。

スポンサーリンク
ad001

ONE PIECE (ワンピース) 第797話

第797話 分析・考察トピックス

レベッカ、キュロスへの想い!ルフィの用事とは?!

第796話でキュロスは、自分には前科があるため、王位継承者であるレベッカの父親であるという事実を隠して生きていこうと決意をした。そのためにキュロスは「レベッカの父親は どこぞの国の王子で その王子は既に戦死してしまった」という嘘の噂をドレスローザ中に流し レベッカとは会わずに生きていくつもりだった。

このキュロスの想いが書かれた手紙を受け取ったレベッカは、キュロスが自分と一緒に暮らすのが嫌なのか、迷惑なのかと思い 納得できずに落ち込んでいた。

ルフィもまた同様に 嘘の噂を流してレベッカとは別々に生きていこうとするキュロスの決意に納得していなかった

だからルフィは「本当にこれでいいのか」という事をレベッカに聞くために 逃走を止めて王宮へ向かった。これこそが前回第796話でルフィが海軍からの逃走を止めた「用事」の内容だった。

レベッカも16歳の年頃の女の子。キュロスから受け取った手紙を読み 自分を他人にしようとしているキュロスが 自分の事を嫌い迷惑だと思っているのではないかと 動揺していた。

しかし王宮に侵入したルフィに「本当にこれでいいのか」と聞かれ レベッカは「いいわけない」と素直な気持ちを告げる。

レベッカの想いは、始めから決まっていた。キュロスが過去に何百人の人を殺して 手が真っ黒に汚れている犯罪者でも自分の父親はキュロス一人だけだと。

だからレベッカはキュロスにもう一度会い父親として そばにいて 一緒に暮らして欲しいと 本当の想いを打ち明けた。

真実を隠し生きていこうとしたキュロス

キュロスの本当の気持ちがわからないまま困惑したレベッカ

この2人を見て 納得していなかったルフィ

キュロスとレベッカが会い、話しをした事で、結果、誰も後悔をしない未来になりそうだ。

第797話データベース

タイトル : ”レベッカ„

扉絵 : G-5のみんなが、わたあめパーティでスモーカーの快気祝いをしているところ

ページ数 : 16

主な登場人物

  • ロロノア・ゾロ
  • モンキー・D・ルフィ
  • バスティーユ
  • フランキー
  • バルトロメオ
  • ブルーギリー
  • ニコ・ロビン
  • ウソップ
  • トラファルガー・ロー
  • 錦えもん
  • カン十郎
  • ジェット
  • アブドーラ
  • イデオ
  • キャベンディッシュ
  • ハイルディン
  • サイ
  • ベビー5
  • スレイマン
  • レベッカ
  • リク・ドルド3世
  • タンク
  • ヴィオラ
  • メイナード
  • キュロス
  • イッショウ(藤虎)

登場技

  • なし

以上、第798話へ続く

1ミリでも『いいね!』と思ったら
ブログランキング投票にご協力お願いします!
↓↓↓クリックするだけで投票されます

にほんブログ村 漫画ブログへ

⇒⇒⇒海賊王の夢の果てトップページへ

スポンサーリンク
ad001
ad001

フォローする