カヤの勇気とクラハドールの本性、人間の裏の顔!@第34話

※この記事には一部ネタバレが含まれます。自己責任での閲覧をお願いします。

スポンサーリンク
ad001

ONE PIECE (ワンピース) 第34話 分析・考察blog

第34話 分析・考察トピックス

第34話あらすじ

ナミのサポートにより ゾロの三刀流とルフィが復活し反撃のチャンスになる麦わらの一味。

そんなおり 暗殺計画の最終目的であるカヤが坂道に到着してしまう。

カヤはクロに町から出て行くよう説得を始めるが。。。

カヤの勇気とクラハドールの本性、人間の裏の顔!

クラハドールに会い真意を確認するため坂道にやって来たカヤはクラハドールのクロとしての顔を見て本当に彼が海賊であったと悟る。 カヤは勇気を振り絞り クラハドールに町を出て行くよう説得を始める。

しかし クロは、カヤに対して これまでの3年間の思い出を語り出す。ハナったれの小娘相手にニコニコへりくだって ご機嫌とって生活してきた屈辱の日々は 全てはカヤを殺し 財産と平穏手に入れるためだったと。

これを聞いたカヤはショックで泣き出してしまう。

3年間 誠実に尽くしてくれ信頼していた執事に裏切られたのだ。そして事もあろうに 誠実に尽くしてきたのは 自分を殺すためだった。

物事には必ず表以外の側面が存在する。人間もまた同じだ。表の顔、裏の顔、家での顔、学校での顔、会社での顔、今見ている他人の顔は その人の人格の一側面でしかない。もちろん全ての側面が危害のない善良な人もいるだろう。しかし中にはクロのように 恐ろしい本性を持った人間もいる。

カヤと同じ状況になった時 アナタは どんな事を思うだろうか?

第34話データベース

第34話のデータベースはこちらのページへ

以上、第35話へ続く

1ミリでも『いいね!』と思ったら
ブログランキング投票にご協力お願いします!
↓↓↓クリックするだけで投票されます

にほんブログ村 漫画ブログへ

⇒⇒⇒海賊王の夢の果てトップページへ