危険を冒して仲間をかばう、ゾロVSニャーバン・兄弟!@第32話

ONE PIECE 第32話 危険を冒して仲間をかばう、ゾロVSニャーバン兄弟!

※この記事には一部ネタバレが含まれます。自己責任での閲覧をお願いします。

スポンサーリンク
ad001

ONE PIECE (ワンピース) 第32話 分析・考察blog

第32話 分析・考察トピックス

第32話あらすじ

ルフィの暴走によりピンチに陥ったジャンゴは船の番人であるニャーバン・兄弟(ブラザーズ)を呼び出す。

ゾロは ネコをかぶって弱い振りをしたニャーバン・兄弟(ブラザーズ)のシャムに油断し 刀二本をネコババされてしまう。。。

危険を冒して仲間をかばう、ゾロVSニャーバン・兄弟!

『大切な仲間を救うには 実力と覚悟が必要』

シャムに刀二本を奪われてしまったゾロ。

一刀流が得意ではないゾロは ニャーバン・兄弟(ブラザーズ)のシャムとブチ二人を相手にし、苦戦する。

ウソップは ピンチのゾロを救うべく 遠距離から援護射撃を行うが ゾロは自ら鉛星に当たり ダメージを受けてしまう。シャムとブチの標的がナミとウソップに向かない様に 自ら鉛玉に当たりにいったのだ。

ゾロはシャムとブチと直接戦い その戦闘力から ナミとウソップでは敵わない事をとっさに判断したのだろう。

自分が苦戦していてもなお 仲間の安全を優先するゾロの姿勢から 仲間を思うゾロの優しさが伺える。

自分の安全を無視して 仲間の安全を優先する。

言葉で言うのは簡単だけど 実行するには それなりの実力と覚悟が必要になる。

世界一の大剣豪を目指して日々強さを磨いてきたゾロだからこそできた事なのだ。

第32話データベース

第32話のデータベースはこちらのページへ

以上、第33話へ続く

1ミリでも『いいね!』と思ったら
ブログランキング投票にご協力お願いします!
↓↓↓クリックするだけで投票されます

にほんブログ村 漫画ブログへ

⇒⇒⇒海賊王の夢の果てトップページへ