実は強い!?シロップ村に居た頃のウソップの戦闘能力とは?@第27話

ONE PIECE 第27話 実は強い!?シロップ村に居た頃のウソップの戦闘能力とは?

※この記事には一部ネタバレが含まれます。自己責任での閲覧をお願いします。

スポンサーリンク
ad001

ONE PIECE (ワンピース) 第27話 分析・考察blog

第27話 分析・考察トピックス

第27話あらすじ

海賊が攻めてくる事を村人達に信じてもらえなかったウソップ。今度はカヤに クラハドールが海賊だった事を話しに行くが、やはり信じてもらえない。

それどころか クラハドールに父親を侮辱された事に対する仕返しとまで言われてしまう。。。

実は強い!?シロップ村に居た頃のウソップの戦闘能力とは?

カヤに クラハドールが海賊だったという真実を伝えても信じてもらえないウソップ。何としてもカヤに逃げて欲しくて説得しようとするウソップだが 屋敷の門番二人に見つかってしまう。

痺れを切らした門番が とうとうウソップに向けてピストルを構える。しかしウソップはパチンコでピストルを持った門番二人を撃退してしまう。

ウソップについては ネガティブで弱いイメージが 付きまとっているが、シロップ村にいた当初から ピストルを持った門番二人を一瞬で倒してしまう程の実力を持っていたのだ。

特に父親譲りの射撃の腕は ズバ抜けて優れている。ウソつきとパチンコの腕においてウソップの右に出るものはいない

全てウソにする、海賊団を一人迎え撃つウソップの覚悟!

『ドデカいウソを突き通すなら それは本当になる』

1980年代~90年代に活躍した日本のロックバンド THE BLUE HEARTS の「泣かないで恋人よ」の歌詞だ。

この言葉はウソップにぴったりだと思う。

カヤにも村人達にも信じてもらえないウソップ。仲間であるピーマン、にんじん、たまねぎの3人も 突き放し 一人でキャプテン・クロの海賊団を迎え撃つ事を決意する

自業自得とはいえ そうそうできる決断ではない。逃げてしまうことは簡単だ。しかしウソップは大好きな村人達の命を救うため一人で戦う事を決意したのだ。

一人で海賊達を迎え撃ち「海賊が村を襲撃する」事実をウソにする。それこそが ウソつきである自分の通すべき「」だとまで言い張ったウソップの覚悟は本物だ。

第27話データベース

第27話のデータベースはこちらのページへ

以上、第28話へ続く

1ミリでも『いいね!』と思ったら
ブログランキング投票にご協力お願いします!
↓↓↓クリックするだけで投票されます

にほんブログ村 漫画ブログへ

⇒⇒⇒海賊王の夢の果てトップページへ