誠実で誰にも慕われる屋敷の執事クラハドールの裏の顔とは?@第26話

ONE PIECE 第26話 誠実で誰にも慕われる屋敷の執事クラハドールの裏の顔とは?

※この記事には一部ネタバレが含まれます。自己責任での閲覧をお願いします。

スポンサーリンク
ad001

ONE PIECE (ワンピース) 第26話 分析・考察blog

第26話 分析・考察トピックス

第26話あらすじ

海岸の崖の上で 話をしていたルフィとウソップは 崖の下で見知らぬ男と話す屋敷の執事 クラハドールを見つける。

クラハドールが話をしていた男は 催眠術師で海賊のジャンゴという男だった。

そしてルフィとウソップは クラハドール自身もまた海賊であることを知ってしまう。。。。

誠実で誰にも慕われる屋敷の執事クラハドールの裏の顔とは?

『人の裏側の顔は 親しい人からも 見るのは難しい』

カヤの屋敷の誠実な執事であるクラハドールは 実はキャプテン・クロと言う名の海賊だった。3年前 海賊 キャプテン・クロは 部下を身代わりに仕立て上げ 世間的に処刑されたはずだった。しかし 政府に追われ続ける生活に疲れたクロは 政府に追われることなく大金を手に入れるため シロップ村 のカヤの屋敷の執事・クラハドールとして生きていた。

クロは 身寄りの無いカヤを暗殺して遺産を手に入れるために 3年間 村の人間から信頼を得て 遺産を相続する事が不自然ではない状況を作ってきたのだ。

3年間 クロがクラハドールとして 誠実に生活を送ってきた目的は 全て カヤを暗殺し遺産を手に入れるためだった。

人の性格は見た目からは判断できない。しかし普段 親しく気を許した仲の人間でも 本当にいい人か どうかは最後まで分からない。

人を疑う事は良くない事なのかもしれない。でも 人を信じた結果裏切られ 不幸になるのは 自分自身だ。

物事の裏側を見抜く事は難しい。だが せめて 物事には表の面があり 裏の面があるという事を 意識しておく事は 大切だ。

自業自得のウソップ、大好きな村人達に届かぬ思い!

『ウソをついてばかりいると いざという時に信用されない』

クラハドールがクロと言う名の海賊であり カヤの命と遺産を狙う悪党だったと知った ウソップ。

クロの仲間の海賊が明日の朝 村を襲撃する事を 急いで村人達に叫んで伝えたウソップだったが、その思いは村人達には届かなかった

ウソップは毎朝ウソを叫びながら 町中を走り回る事を日課としていたためだ。

村の危機を知ったウソップが いざ本当の事を伝えようとしても またいつものウソだと思われて 本当の事がウソに聞こえてしまう

村人から一番信頼のあったクラハドールが実は悪党村人から一番信頼のなかったウソップが 村人達に命の危機を教えても信用してもらえない

こんなにもどかしい事はない。

辛いが 全て自業自得身から出た錆なのだ。

第26話データベース

第26話のデータベースはこちらのページへ

以上、第27話へ続く

1ミリでも『いいね!』と思ったら
ブログランキング投票にご協力お願いします!
↓↓↓クリックするだけで投票されます

にほんブログ村 漫画ブログへ

⇒⇒⇒海賊王の夢の果てトップページへ