ウソが得意のウソップが唯一偽れぬものとは?@第24話

ONE PIECE 第24話 ウソが得意なウソップが唯一偽れぬものとは?

※この記事には一部ネタバレが含まれます。自己責任での閲覧をお願いします。

スポンサーリンク
ad001

ONE PIECE (ワンピース) 第24話 分析・考察blog

第24話 分析・考察トピックス

第24話あらすじ

シロップ村のメシ屋で食事をする ルフィ達。そこへウソップ海賊団のピーマン、たまねぎ、にんじんがやってくる。この3人にウソップが大富豪の屋敷のお嬢様・カヤに会いに行ったことを聞いたルフィは カヤから船を貰えないかと 屋敷へ向かう。

カヤを元気づけるため、ウソの話をする優しいウソップ!

『ウソップにとって 嘘つきは泥棒の始まり ではなく 優しさの始まりだった』

1年ほど前に病気で両親を失った 屋敷のお嬢様・カヤ。

病弱で寝たきりのカヤを元気付けるため ウソップは 毎日決まった時間に屋敷に向かい カヤにウソの冒険話を聞かせていた。

後に明らかになるが ウソップが初めてウソをついたのは母親バンキーナに対してだった。当時病気で寝たきりになっていたバンキーナを励ますため 海賊の父親が戻ってきたとウソをついたのだ。

きっと ウソップは母親と同じように寝たきりになっていたカヤのことを放っては置けなかったのだろう。

ウソップは ウソで人を元気付ける 心の優しい若者なのだ。

ウソが得意のウソップが唯一偽れぬものとは?

『人間誰しも 絶対に譲れないものが一つや二つぐらいある』

屋敷の庭に侵入したことがバレて 執事のクラハドールに対し この屋敷に入っていった伝説のモグラを探しに来た と とっさにウソをつくウソップ。

クラハドールは ウソップの父親の話を聞いたことがあると言い 薄汚い海賊だと罵った。そして 妻と子を残して旅立った ウソップの父親の事をを 財宝狂いのバカ親父 だとも言った。

ウソップは我慢の限界を超えて クラハドール殴ってしまう。

言われてやな事は 人それぞれだ。 誰しもが 友人や恋人に対して 自分では何とも思わない事を 言ったりやったりして 相手を怒らせてしまったという経験はあるだろう。

クラハドールの場合は カヤに近づくウソップを 追い払うため あえてウソップが怒るようなことを言ったとは思うが、ウソをつくのが得意なウソップが唯一 偽れない事は海賊である父親を誇りに思っている事だった。

第24話データベース

第24話のデータベースはこちらのページへ

以上、第25話へ続く

1ミリでも『いいね!』と思ったら
ブログランキング投票にご協力お願いします!
↓↓↓クリックするだけで投票されます

にほんブログ村 漫画ブログへ

⇒⇒⇒海賊王の夢の果てトップページへ