語られた世界の姿!陸と海、世界を分ける2つのライン?!@第22話

ONE PIECE 第22話 語られた世界の姿!陸と海、世界を分ける2つのライン!

※この記事には一部ネタバレが含まれます。自己責任での閲覧をお願いします。

スポンサーリンク
ad001

ONE PIECE (ワンピース) 第22話 分析・考察blog

第22話 分析・考察トピックス

第22話あらすじ

オレンジの町を出発したルフィ、ゾロ、ナミの3人。

とある孤島を発見し 期待を胸に上陸する。そこには ウサギのようなヘビやライオンのような珍獣が生息しており、森の中へ進もうとすると「それ以上 踏み込むな」と謎の声が響いてきた、、、

語られた世界の姿!陸と海、世界を分ける2つのライン?!

海図を見て さっぱりわからんと話すルフィと孤島の住人ガイモン。ナミは呆れて この世界の陸と海について語り始めた。

この世界のには海が2つある。その海を真っ二つに両断する巨大な大陸が”レッドライン(赤い土の大陸)と呼ばれている。レッドラインの中心と言われる町からレッドラインに対して直角に世界を一周する航路がグランドライン(偉大なる航路)である。

この第22話にて ONE PIECE の世界の大まかな地形が ナミによって初めて解説された。

孤島で珍獣を守る、森の番人ガイモンとの出会い!

ガイモンは訳あって身体が宝箱にハマってしまい 不自由な体勢での生活を20年続けてきた。

島の中心の崖の上に隠された宝箱を 中身を確認することができないまま 20年間森の番人を語り守ってきたガイモンであったが 仲良くなったルフィに宝箱の中身を確認してもらうと 空っぽだったことが判明する。

20年間 空の箱を守り続けてきたことにショックを受けたガイモンを 今度はワンピースを目指そう と誘うルフィ。

しかし ガイモンは この孤島の珍獣達を 見捨てる訳にはいかないから 森の番人を続ける と言って誘いを断った。

別れ際 ガイモンは ルフィには いい仲間が必ず集まると予言し ワンピースを見つけて世界を買っちまえと 背中を押した。

この世の全てと言われたワンピース(ひとつなぎの大秘宝)。果たして その正体は何なのだろうか?

第22話データベース

第22話のデータベースはこちらのページへ

以上、第23話へ続く

1ミリでも『いいね!』と思ったら
ブログランキング投票にご協力お願いします!
↓↓↓クリックするだけで投票されます

にほんブログ村 漫画ブログへ

⇒⇒⇒海賊王の夢の果てトップページへ