宝物の価値は人それぞれ、番犬シュシュの場合は?@第13話

ONE PIECE 第13話 宝物の価値は人それぞれ、番犬シュシュの場合は?

※この記事には一部ネタバレが含まれます。自己責任での閲覧をお願いします。

スポンサーリンク
ad001

ONE PIECE (ワンピース) 第13話 分析・考察blog

第13話 分析・考察トピックス

第13話あらすじ

ゾロを探しに現れた 猛獣使いのモージとライオンのリッチー。

リッチーはルフィの入っていた鉄檻を引き裂き 猫パンチでルフィを吹き飛ばしてしまう。

番犬シュシュは 主人との思い出である店を守るため リッチーに立ち向かう。

宝物の価値は人それぞれ、番犬シュシュの場合は?

亡き主人ホッカーの形見であるペットフード屋をリッチーから守ろうとするシュシュ。

とはいえ犬とライオン。勝敗ははじめから決まっていた。

必死に威嚇し リッチーに噛み付くシュシュだが なすすべなく リッチーにやられてしまう。お店に残っていたペットフードを持って行かれた上に シュシュにとっての宝物であるペットフード屋を焼かれてしまう。

燃やされたペットフード屋を見上げるシュシュの目には涙が溢れていた。

シュシュの大切な宝物を 平気で燃やし ペットフードを奪った モージとリッチー。そんなシュシュのために ルフィは モージとリッチーに戦いを挑んだ。

宝物の価値は人それぞれだ。他人から見たら ただのガラクタのように見えるものだって 本人にとっては思い出が詰まった宝物である。 これについては 他人がどうこう言う問題ではない。

その人が宝物と言ったら それはその人にとって宝物ものなのだ。

あなたにとっての宝物とはなんだろうか?

第13話データベース

第13話のデータベースはこちらのページへ

以上、第14話へ続く

1ミリでも『いいね!』と思ったら
ブログランキング投票にご協力お願いします!
↓↓↓クリックするだけで投票されます

にほんブログ村 漫画ブログへ

⇒⇒⇒海賊王の夢の果てトップページへ