逃げろ、ゾロ!船長ルフィの判断力!@第11話

ONE PIECE 第11話 逃げろゾロ!船長ルフィの判断力!

※この記事には一部ネタバレが含まれます。自己責任での閲覧をお願いします。

スポンサーリンク
ad001

ONE PIECE (ワンピース) 第11話 分析・考察blog

第11話 分析・考察トピックス

第11話あらすじ

鉄檻に入ったルフィのもとへ ゾロが合流する。

ゾロはあっけなくバギーを倒すが バギーの仲間たちはなぜか不気味に笑っている。次の瞬間 ゾロが苦痛の表情を見せる。ナイフを持ったバギーの手が 浮かび ゾロの横腹を刺したのだ。

バギーは悪魔の実の能力で 倒されたフリをしていただけだった。

形成が不利になったルフィたち。ルフィは ゾロへ 逃げろと命じる。。。

二人目の能力者 海賊・道化のバギー!

初めてのルフィ以外の悪魔の実の能力者の登場に どんな能力なのか 不安と期待を抱いた読者も多いはずだ。

バギーは悪魔の実の能力者一つ「バラバラの実」を食べた バラバラ人間だった。

自分の意思で 自らの身体を バラバラに することができるバギー。 その能力を使い ゾロに斬られる直前に 自らバラバラになり 斬られたフリをしていたのだ。

そして バギーを倒したと油断するゾロに対し 切り離した手を飛ばしナイフで背後から攻撃を仕掛けた。

逃げろ、ゾロ!船長ルフィの判断力!

バギーの能力で背後から横腹を刺されてしまったゾロ。

負傷したゾロに向かって ルフィの言った台詞は「逃げろ!ゾロ!」。特に何か解決策があるわけではなかったと思うが 深傷を負ったゾロが このままバギーと戦い続けるのは危険だと ルフィはとっさに判断したのだろう。

ゾロが逃げれば とりあえずゾロは助かる。自分は その後どうなるか判らないが どうにでもなると ルフィは考えていたのではないだろうか。

これはベストな判断だったのだと思う。

バギーの仲間は大勢いるし その全員の戦力を把握しているわけではない。負傷した身体で無理に戦って 必ず勝てる見込みがあったわけではない。

ルフィの発言に ゾロは一瞬ためらうが 少し考え、納得した。

船長の判断としてまず 仲間の命を助ける ことを優先したのだ。

きっと誰にも後悔の一つや二つあるだろう。あの時ああしていれば良かったのにと。

その後悔をしないためには、一瞬で最善の道を選択する判断力が必要になる。そんなとき一秒たりとも迷っている時間はない。この判断力は 現代人にとっても あらゆる場面で必要な能力だ。

第11話データベース

第11話のデータベースはこちらのページへ

以上、第12話へ続く

1ミリでも『いいね!』と思ったら
ブログランキング投票にご協力お願いします!
↓↓↓クリックするだけで投票されます

にほんブログ村 漫画ブログへ

⇒⇒⇒海賊王の夢の果てトップページへ