ワンピース史上二人目の能力者、その能力とは?@第9話

ONE PIECE 第9話 ワンピース史上二人目の能力者!その能力とは!

※この記事には一部ネタバレが含まれます。自己責任での閲覧をお願いします。

スポンサーリンク
ad001

ONE PIECE (ワンピース) 第9話 分析・考察blog

第9話 分析・考察トピックス

第9話あらすじ

怪鳥ピンキーに咥えられ飛び去ったルフィは オルガン諸島オレンジの町で バギー海賊団の大宝によって撃ち落され 海賊専門の泥棒ナミと出会う。

航海術を心得たナミを 海賊の仲間に入れたいルフィは ナミの条件を聞き入れ バギーのところへ向かうが、、、

ワンピース史上二人目の能力者!その能力とは?

ルフィが航海へ出て初めて出会った自分以外の能力者、それが道化のバギーである。

第9話で初めてその姿を現したバギーは ピエロのような大きな赤い鼻が特徴的だ。

その鼻をバカにされるのが嫌いで 部下に鼻をバカにされた(と思い込んだ)バギーは 悪魔の実の能力と大砲で部下を吹き飛ばしてしまう。同様に子どもに鼻をバカにされたことで 町ごと大砲で吹き飛ばしたという噂もあり 後に定着する「おバカだけど憎めない」バギーのイメージは一切なく 第9話では無慈悲な海賊の印象が描かれた。

一億ベリーで村を買う、海賊嫌いのナミの目標!

ナミは海賊専門の泥棒として登場した。その理由が第9話で語られた。

ナミの目標は 何が何でも一億ベリー稼いで ある村を買うこと。

そして世界で一番嫌いなものが海賊で 好きなものは お金とみかん だと語られた。

涙なしでは語れない アーロンパーク編 への伏線が この第9話にて張られた。

また バギーの宝を狙うため 海賊であるルフィを騙して バギー海賊団に潜入したりと 海賊のお宝のためなら 平気で人を利用する 海賊嫌いな性格が描かれた。

第9話データベース

第9話のデータベースはこちらのページへ

以上、第10話へ続く

1ミリでも『いいね!』と思ったら
ブログランキング投票にご協力お願いします!
↓↓↓クリックするだけで投票されます

にほんブログ村 漫画ブログへ

⇒⇒⇒海賊王の夢の果てトップページへ