決意のコビー!自分の行く道は誰が決める?@第7話

ONE PIECE 第7話 決意のコビー!自分の行く道は誰が決める?

※この記事には一部ネタバレが含まれます。自己責任での閲覧をお願いします。

スポンサーリンク
ad001

ONE PIECE (ワンピース) 第7話 分析・考察blog

第7話 分析・考察トピックス

第7話あらすじ

モーガンを倒したルフィとゾロ。

この二人に 自分の信念に生きることを教わったコビーは 海軍に入ることを決意する。

海軍はルフィたちと一緒にいたコビーを海賊の仲間だと疑うが ルフィはコビーが仲間ではないことを証明するため 海賊の雑用として働いていたバレては不味い過去の話を出し コビーに自分を殴らせるようけしかける。

ルフィの 計らいに気付いたコビーは 自分の足で夢への一歩を歩み始める。。。

海賊と海軍だけど友達は友達!

『ルフィとコビーの仲から知る友達の意味』

ルフィと コビー 付き合いは短いが 二人の関係はまぎれもない「友達」だ。

友達とは ただ一緒に同じ時間を過ごしたから友達になるというものでもない。

友達かどうかは 時間が決めることではなく、その時間の中で どれだけ相手のために何かをしてあげられたかで決まってくる。

はじめルフィは ドジでバカなコビーのことを嫌っていたが、夢のためにアルビダの支配と戦うコビーの心の強さを認めていった。

お互いを認め合うことで 友情は強く結ばれる

寂しいとき一緒にいてくれた むしゃくしゃした時一緒に騒いでくれた など 一方的に頼り切っているだけの関係では 真の友達とは言えない。

友という字は「ナ」と「又」で作られている。 これらは手と手を意味し 互いの手を取り合って 友という文字を作り上げている。

互いの手を取り合って 助け合い 認め合い 尊敬しあえる仲に 友達という関係が成り立つ。

あなたには 本当の友達と言える関係の人が何人いるだろうか?

決意のコビー!自分の行く道は誰が決める?

『どれだけ他人に力をかりても 最後の最後は 自分で前に進むしかない』

ルフィの計らいで またルフィに頼ってしまったことに気付いたコビー。

ここで 這い上がらなければ 本当にバカだと 自分に言い聞かせ 海軍将校になると 決意をあらわす。

夢は言葉にすることで現実に近づく。

自分の行く道は 自分で決めるしかないし 自分でそうと決めれば いつだって進めるのだ。

肝心なのは 自分で自分の行く道を決めることだ

第7話データベース

第7話のデータベースはこちらのページへ

以上、第8話へ続く

1ミリでも『いいね!』と思ったら
ブログランキング投票にご協力お願いします!
↓↓↓クリックするだけで投票されます

にほんブログ村 漫画ブログへ

⇒⇒⇒海賊王の夢の果てトップページへ